2010年07月28日

乱獲FX プロトレーダー 暴露


詳細はこちらをクリック


会員の資金を1年で10倍にした、
伝説のノウハウ「乱獲FX」とは?



FXで年間10,000pips獲得するノウハウと言えば、そのレベルをイメージできるでしょうか?


「乱獲FX」は、かつて、1年間で会員資産を10倍に増やしたシグナル配信の“心臓部”、つまり売買ルールを公開したものです。


ハッキリ言って、プロトレーダーの“メシの種”を暴露してしまうものです。それだけに、即効性があります。


ただし、自動売買システムではありません。その理由は、パフォーマンスを上げるためです。


システムトレードも裁量トレードも、それぞれ、メリットとデメリットがあります。ガチガチのシステムトレードは、一旦機能しなくなると思わぬ損失を被る事があります。システムを過信したり、任せきっているときにヤラレるんですね。


そこで、システムトレードの良いところと、裁量トレードの良いところを組み合わせたのが「乱獲FX」なのです。


でも、基本は売買ルールどおりに機械的にトレードすること。それに、エントリーしてはいけないタイミングなど、裁量でフィルターをかけます。


売買ルールは複数(“ライントレード”や“鉄板手法”)あります。いずれも拍子抜けするほど単純・簡単・シンプルです。それが紛れもなくプロトレーダーの手法なんですが、難しそうな手法でないと満足できない人には向いていないかもしれません。


「乱獲FX」をモニターの方が実践した結果(平均値)は次のようになっています。
(期間:2010年4月1日〜6月30日)


● ライントレード: 3489pips獲得、勝率81%、トレード回数221回
● 鉄板手法: 5884pips獲得、勝率91%、月利約400%、トレード回数315回
● 鉄板4: 1400pips獲得、勝率100%、月利約93%、トレード回数7回


特に、“鉄板4”が注目です。トレード回数は少ないものの、勝率100%です。ちなみに、“鉄板4”のもう少し長期(2009年8月〜2010年6月)の結果は次のようになっています。


● 鉄板4: 4800pips獲得、勝率100%、月利約87%、トレード回数31回


やっぱり、“負けなし”ですね!


「乱獲FX」の手法は適用範囲が広いです。


■ スキャルピング、デイトレード、スイングトレード、全てOK。
■ 5分足、1時間足、日足、全てOK。
■ 特定の通貨ペアでなければダメ、ということはない。
■ 特定の証券会社でなければダメ、ということはない。


このノウハウを学ぶことによって、プロトレーダーとして稼ぐために必要な事は何なのかが見えてくるでしょう。ちなみに、「乱獲FX」の本編は“動画マニュアル”です。


詳細はこちらをクリック




FX-Jinさんの「乱獲FX」の暴露、口コミ、感想などの情報を公開しています。このノウハウでは、“鉄板手法”など、プロトレーダーのメシの種が暴露されています。




FX専用自動売買ロボット「FXEZ-2」 飯島章弘 レビュー


FX24時間完全自動売買「フォレックスメガドロイド」 レビュー


LAVAS 225ブレイクショット 口コミ


posted by Rankaku at 17:18| 乱獲FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。